アパート建築する前に

アパートを建築する場合には、一軒家を建築する場合と比べてさまざまな手続きが必要になります。
土地を購入してここにアパートを建てようと決めても、その場所はアパートの建築の許可が下りない土地の可能性もあります。
購入してからアパートが建てられなかったら取り返しがつきません。
その為、土地を購入する前に必ず敷地調査を行う必要があります。

また、最近特に多い相続税対策を目的にしたアパート建築を行う場合に、相続する側の方がご高齢で、認知症を患っている場合には金融機関で建築費用の融資を受ける事は難しくなっています。
その場合には「 成年後見制度」を利用する必要があります。
成年後見制度は、認知症や知的障害、精神上の障害などで判断能力が無くなってしまった場合に、家庭裁判所で選ばれた人が代理人となって、代わりに契約を行う事ができる法律です。
ただし相続税対策の場合には、他の第三者が選定される可能性もありますので注意が必要です。
相続税対策を行う前に、相続税対策以外の建築理由を明確にしておく必要があります。
もし難しい場合にはアパート建築を請け負うメーカーに相談してみましょう。

これ以外にも、アパートを建築するには複雑で面倒な手続きが存在ます。
そこでこのページでは、個人では難しいアパートを建築する前に行う建築確認申請、確認通知書、建築工事届と、建築が完了した後に必要な工事完了届、検査済証、所有権保存登記、建物の表示登記、抵当権設定登記などの手続きを簡単にですが紹介しています。
これからアパートを建築される方は、是非、参考になさってください。

Copyright © 2014 アパート建築に必要な手続き All Rights Reserved.